照れ屋なデリヘル嬢に心も体もとろける

素人風俗嬢を相手にした時にいいと思える点は、その人の素の部分が垣間見えることじゃないでしょうか。そのおかげで、単にサービスとしていやらしいことされている感も小さなものとなります。その人の素の部分が出る時というのは、例えば恥ずかしがっている時なんかもそうじゃないでしょうか。ベテラン風俗嬢ともなると、客の前で恥ずかしがるのはなるべく隠すでしょうから、当然素が見えることにもなりにくいわけです。もしも相手してくれる風俗嬢が恥ずかしがり屋ならば、その人の素をバッチリ楽しめることでしょう。この前相手をしてもらったデリヘル嬢も恥ずかしがり屋な人で、いちいち照れる表情も可愛いものでした。ふんわりした雰囲気持つデリヘル嬢でしたから、その照れた表情と合わせてプレイもほんわかしたものでした。温かい雰囲気ながらもしっかり気持ちよくしてくれるものでしたから、心は安らぎ体はスッキリと、とっても癖になりそなプレイとなりました。なんだか心も体もとろけてしまいそう、そんなプレイであったようにも思えます。

キス魔なデリヘル嬢の焦らし責め

風俗プレイで今でも強く印象に残っているのは、キスを浴びながらのプレイです。デリヘルから来た人妻さんがそんな責めをしてきて、それにはやたらと感じさせられるものだったからです。とにかく全身、それこそムスコに至るまでキスの嵐で、体を寄せながらそれをしてくるものでした。手でマッサージされたり舌で舐られたりするのと比べれば、明らかに触れてる時間は短く、触れてる面積も小さいものですが、なぜか高い感度があるものでした。触れるか触れないか、そういった微妙な感触もあるため焦らしの効果も混ざるのか、それで余計に感覚を敏感に得やすいようにされたのかもしれません。ムスコにキスの嵐を受けたときには、チュッチュされればムスコをピクピクさせてる始末でしたから、その度にだんだんと精もこみ上げてくる感じでした。風俗プレイとしては激しいものではないのですが、とっても感じさせてくれるプレイであったわけです。その人妻さんはもうそのデリヘルにはいないので、現在どうかは知る由もありません。ひょっとしたら旦那さんがキス責めを受けているのかもしれません。